背中ニキビに効果あり!スクラブ石鹸とピーリング化粧水の組み合わせ

Pocket

背中ニキビ 石鹸
26歳、OLです。思春期の頃から、背中のニキビが出来はじめ、今も背中ニキビに悩まされています。

【治まらない背中ニキビ】黒ずみまで…彼氏に汚いと言われ真剣に悩みました

私の背中ニキビは、肩甲骨から腰の少し上くらいまで、縦の楕円形に広くブツブツができていました。思春期のころにできた背中ニキビは全然治りません。

高校を卒業してからも、背中のブツブツは治まらず、若干黒ずんでしまいました。もちろん、私自身も気になってはいたものの、背中の出ない服を着るなどして、ごまかしながらなんとかやっていました。

しかし、20歳くらいの時、当時付き合っていた彼から「背中、ちょっと汚くない?」と指摘されてしまい、ショックを受けました。それに、恥ずかしいやら申し訳ないやらで、手術する?エステでも受けようかな?としばらく真剣に悩んでいました。

【背中ニキビにスクラブ石鹸】1ヵ月使い続けると効果を実感!

ある時、友人に背中のブツブツのことを相談すると、「スクラブがいいらしいよ」と言われました。そこで、すぐにドラッグストアでスクラブの入った石鹸を購入して帰宅しました。

早速お風呂で試しましたが、1日では効果が出るわけもなく、それからスクラブ石鹸が無くなるまで洗い続けることにしました。

すると、1か月ほど経ったくらいの時でしょうか。背中を触った時に、ブツブツがちょっと小さくなったような感触がしました。「もしかして、効果出てる?」と感動しました。

さらにスクラブ石鹸を使い続けていくと、ニキビの黒ずみの加減は自分ではあまり確認できないのですが、ブツブツがどんどん目立たなくなっていくのが分かりました。スクラブの入った石鹸は、今でも背中ニキビが気になる時に使うようにしています。

【背中ニキビにピーリング化粧水】スクラブ石鹸と合わせて使うことで改善効果を期待!

また、最近は、スクラブ入りの石鹸だけでなく、ピーリング用の化粧水などで保湿もしています。ピーリング用の化粧水は、普段から冷蔵庫で冷やしておいて、お風呂上りにコットンにたっぷり染み込ませてから背中を拭き取るようにして使っています。

というのも、スクラブ入りの石鹸を使うと、どうしても皮膚の表面が火照った感じになってしまうからです。火照った肌をクールダウンさせるためには、冷蔵庫でキンキンに冷えた化粧水がちょうどいいと思っています。

また、使っている化粧水がピーリング用のものですので、背中のブツブツや黒ずみの改善にも効果が期待できると思います。

背中のブツブツは、気にならなければずっと放置できてしまう一方で、気になり出すと止まらない問題ですよね。私は、今はスクラブ入りの石鹸とピーリング用の化粧水でなんとかしていますが、いつかあまりにも「我慢できない!」と思うようになったら、皮膚科に行って腰を据えて治療をしてみたいなと思っています。綺麗な背中になりたいですね。

ジッテプラス(Jitte+) パルクレールジェル RUFINA(ルフィーナ)
詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ

-ニキビの悩み・体験談

関連記事

背中ニキビ

背中が火傷状態!ニキビ跡の治療に漢方薬が効果バツグンでした!

私は50歳になるパートタイマーで働く主婦です。背中のニキビが出来たのは、高校生の頃です。エステに通ったり、診療所に通ったり、食事を工夫したり、漢方薬を試したりといろんなことをしました。

ニキビ 皮膚科

皮膚科でニキビ治療!薬や通院期間や効果をレビュー。実際治ったの?

わたしは現在30歳の女性で、事務の仕事をしております。これは、私がニキビで皮膚科を受診したときの治療方法などの体験談です。

ニキビ 皮膚科 妊娠中

妊娠中のニキビ治療体験。皮膚科で妊婦でも飲める薬を処方してもらい改善

26歳、女性、看護師をしています。ニキビで皮膚科を受診したのは、25歳で妊娠中のときでした。妊娠中でもニキビ治療ができるのか?使える薬があるのか?ぜひ妊婦さんの参考になればと思います。

思春期ニキビ

運動部だった思春期はニキビが大量発生!母が教えてくれた2つの方法で改善

現在30代半ばの主婦です。肌がデリケートな体質で、すぐにニキビなどできてしまいます。もうこの年齢になると、ニキビとは呼ばず吹き出物と呼びますが、昔は特にニキビには悩まされました。 運動部だった中学時代 …

ニキビ ステロイド

医者からの酷い言葉!皮膚科での最悪な対応にニキビ治療を断念

私は31歳の主婦です。ニキビに悩み、皮膚科を受診したのは25歳の時になります。

はるこ

 サイト管理人 はるこ 
はるこ 背中ニキビ PR会社で働く29歳。背中ニキビがきっかけで、数々の背中ケアに取り組む。現在は綺麗な背中をキープ中♪趣味はファッション雑誌を読むこと。